FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯電話の電波対策

前にTVCMでやっていた室内の電波対策を申し込んで、先日完了した。

RC造で地下だから、電波が入らなくて当たり前。でもやってくれるみたいだったので依頼したんだけど、割合簡単に済んだ。ただし、5年間は他社に乗り換え出来ない。携帯自体を解約すると、18000円ぐらい違約金を請求される。機械を壊した場合は最大で40000円とか。

そういうことか(w

どうせ12年間もdocomo一筋だから、別にかまわないけど。

電波を発信する機械は電波法で厳しく制限されている。何処の管轄になるのかよく分からないけど、とにかく正式な認可を得ていないと違法になる。

住宅建築内の小型発信機として認可を得て、コードの長さだののスペックは変更出来ないとか、設置場所だのも登録したとおりに運用しないとダメだとか、一々「一応」と注釈付きで色々言っていたけど、昔ながらのお役所仕事。実態としてはどう扱おうが勝手みたいだ(w

携帯電話の電波はかなり微弱なもので、発信機を事務所に設置して、7,8m先のスタジオの入り口(鉄扉+防音シート+防振ゴム)を閉めるとスタジオ内は通話出来ない。開けとけばOK.

入り口以外はコンクリートブロックが積んであるだけなので、迂回して電波が届くと思っていたんだけどダメだった。コンクリートも障害になるんだとか。

目に見えない電波のことでイメージが湧かないので、こういうのの専門家に訊く機会ってなかなかないから、どんな風な形状で飛んで行くんですか? なんて素人臭い(素人そのものだ)質問をして、10cmぐらいの幅のギザギザなコースで飛んでいくイメージの説明を受けた。

こういう興味本位な質問によって得られる知識が、どこかで役に立ったりするんだよな。

ところで、

au by KDDIにも同じようなことを申し込んでみたんだけど、「そういうサービスはやってない」という回答だった。通信各社は横並びのサービスをするのかと思ったと皮肉を言ってみたんだけど、ダメらしい。

ついでに言うと、auのHPその他、ユーザー向けの窓口は異様に固く閉ざされている。問い合わせする資格を持っているのはauユーザーだけだし、電話連絡も徹底して拒否しているようだ。会社概要を見に行って、電話番号があまり見つからないから、株主さまコーナーまで見に行ったけど、電話番号は書いてない。

問い合わせもカテゴリーに分かれていて、それを手繰って行くと、僕の用件は該当するものがない。30分ほど検索しまくって、グルグルと同じところを見回らされた末に、どこだかでKDDIの代表電話に辿り着いて、電話したらやはりauユーザーじゃないと、対応してもらえない感じだった。

結局、電波対策は「営業的な価値を認めるユーザー」に対して「有料で」電波対策をすることができる、ということが分かったので、ユーザーだろうがなかろうが関係なかったんだけど。

auって一時は好感度高かったんだけど、一気に下がってしまった。

念のため言っておくと、ソフバンははなから相手にしてない。
スポンサーサイト

テーマ : 携帯・PHS向けサービス - ジャンル : 携帯電話・PHS

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

HYPO

Author:HYPO
HYPO(hypo)とは、

●hypo=チオ硫酸ナトリウムの通称
●hypoxia=酸素欠乏症
●hypocrite=偽善者
●hypo(他動詞)=1 ?に皮下注射 する 2 刺激 する 3 増強する
●hypo(接頭語)= 〔正常値より〕下の、異常に低い

※因みに・・・、
カバはhippopotamus

美大中退後、肉体労働を経て店舗プランニングの世界へ飛び込み、都銀のCIデザインなどを手がけた後、今度はマーケティング分野に首を突っ込み、30で独立。
23年ほどプランニング会社の代表を務めた後、ライブバーの経営に手を染めて半年で挫折。就職活動の末入社した設計事務所勤務を5ヶ月でリタイヤし、現在事務所として使っていた自宅の地下を音楽スタジオとして運営中。

学生時代から始めたバンド活動が、なんやかやと続いていて、気が付けば音楽がいつも身近にあった、という感じかな。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。