FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

と言いながら、またセッション

前からブルースじゃない分野も少しやりたいなと、そんなことを時々思っていたのが何となく実現して、ブルースじゃないセッション。

ドラムは当スタジオに入りびたり状態のユウキ君。

ベースに、・・・名前忘れた、大阪の女の子。

ギターにテツロウ。

それから僕。


元々はベースを弾くのをやめてしまうという気配の人を、何とか続けないかなと思って企画したんだけど、その本人はやっぱり不参加だったので、急遽ユウキ君注目のナントカさんを誘って、実現したような次第。ただ、スケジュールが微妙で2時間半だけ。

でも、丁度良かったかな。かなり集中度を要求される演奏で、相当疲れた。朝までイベントに参加していたのもあるんだけど。ユウキ君は勿論昨日のイベントの出演者だから、僕より遅くまで残っていたわけだし、たまたまテツロウも別のイベントに参戦していたとかで、ほとんど寝ていなかったみたい。

そんな体調の三人 +1名で音を出して、テンション的にはかなりきつかったんだけど、意外と面白いセッションになった。

何をやったかと言うと、

最初はドラムとベースで好きなことを始めて、後からギター二本が追いかける。

次は僕が何となく変な(わざとずれる)リフを弾いて、そこにリズム帯が合わせて、テツロウのギターが被って来るとか。

最後はユウキ君のiPODに入っていた音源を流して、そこにみんなが被せて行って、音源の音を途中で消して、セッションを続けるとか。

ユウキ君がレゲエとかアフロが得意だから、そういう何らかのルーツっぽい音が鳴っていて、そこにインプロ/少々ノイズ系の音が乗っかったらどんなだろう、という考えだったんだけど、最近そういうのあまりやってなかったから、音階外したりビートなまったり、タイミングをずらしたりということに頭を集中させると、思ったよりも周りの音が耳に入らず、変化に対応するのが難しかった。

でも、ベースのナントカさんが間のあるベース弾くのと、テツロウがいつものパターンとは違った音を出すので、結構バッティングせずに面白い音になる瞬間があったような。

335で少し指のタッチを変えてピッキングのタイミングを微妙にずらすと、シタールとかのインドの楽器みたいな音を出すことができる。フレーズも少しインドから中東、西アフリカあたりの音階を使ってみたりして、ひとつの材料としては面白いかも知れない。

いずれにしても、手探りだったから、色々なパターンで弾きすぎて、全体サウンドが面白くなるところまでは待てなかったな。

次回もやろうということになったので、ブルースとは別にちょっと楽しみだ。

、、、
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

HYPO

Author:HYPO
HYPO(hypo)とは、

●hypo=チオ硫酸ナトリウムの通称
●hypoxia=酸素欠乏症
●hypocrite=偽善者
●hypo(他動詞)=1 ?に皮下注射 する 2 刺激 する 3 増強する
●hypo(接頭語)= 〔正常値より〕下の、異常に低い

※因みに・・・、
カバはhippopotamus

美大中退後、肉体労働を経て店舗プランニングの世界へ飛び込み、都銀のCIデザインなどを手がけた後、今度はマーケティング分野に首を突っ込み、30で独立。
23年ほどプランニング会社の代表を務めた後、ライブバーの経営に手を染めて半年で挫折。就職活動の末入社した設計事務所勤務を5ヶ月でリタイヤし、現在事務所として使っていた自宅の地下を音楽スタジオとして運営中。

学生時代から始めたバンド活動が、なんやかやと続いていて、気が付けば音楽がいつも身近にあった、という感じかな。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。