スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放蕩中年

先週の土曜日、はスタジオに昼から夕方までの予約が入っていたので、ブルースセッションは夕飯後。

23時まで音を出して、終わり近くにユウキ君が深夜のライブイベントの為に機材を取りに来た。

元ポメラニアンズ(4月に解散した)のザッキー主催のイベントで、ゲストで入れるから来たら、とうお誘いだったので、終電が早いので帰った山中湖氏以外の三人で下北沢に出張。

ゴーダ君がお腹がすいたと言うので、居酒屋に入ってしばらく飲食。日付が変わってからクラブQueに行って観戦。

ザッキーが選んだ2バンドと、ザッキー・タクヤ・ユウキのほぼぶっつけユニットが出演。合間をDJが繋ぐ。

割とオリジナル色の強い演奏に日本語の歌、というのが基調になったイベントだった。最初のANIMAというバンドがちょっと気に入った。テクニックも何も要らないんだよな、という感慨。別に下手なわけではないんだけど、楽器を始めて2,3年ぐらいで出来そうな技術の範囲で、面白い音を出していた。

2バンド目のALOHAはベテランっぽい演奏。逆に微妙にチグハグなところが気になってしまったり。ボーカルの世界観は面白いんだけどね。

、、、

1時半ごろにはユウキ君たちのユニットの出番だとか聞いていたので、ほぼ最初から参戦することになったんだけど、実際にユウキ君たちが演奏し始めたのは3時過ぎ。終わって4時過ぎ。

ゴーダ君は他の集まりに寄ってから行くって言っていて、そこで飲んだくれて結局入らずに帰ってしまったし、aboさんは3時半ぐらいまでいて、帰って行った。

4時過ぎるともう明るい中、一人下北沢から家までの道のりをボツボツ歩いていて、音楽について色々考えた。

色んな人が色んなモチベーションやテンションで音楽を作っているのを見ると、正直言って、僕なんかは簡単にお腹いっぱいになってしまう。

音楽は聴くのもやるのも好きだけど、基本的なパワーと言うかエネルギーと言うか、そういうものが大して多くないんだろうな。

聴いた音はそのまま刺激になって、あんなことも出来る、こんなこともやってみようか、などと考えて、頭の中を色々な音色やメロディが駆け巡るんだけど、

ちょっと視点をずらすと、「だから何なの? ただのレトリックじゃない」と思っている自分がいる(w

、、、
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

HYPO

Author:HYPO
HYPO(hypo)とは、

●hypo=チオ硫酸ナトリウムの通称
●hypoxia=酸素欠乏症
●hypocrite=偽善者
●hypo(他動詞)=1 ?に皮下注射 する 2 刺激 する 3 増強する
●hypo(接頭語)= 〔正常値より〕下の、異常に低い

※因みに・・・、
カバはhippopotamus

美大中退後、肉体労働を経て店舗プランニングの世界へ飛び込み、都銀のCIデザインなどを手がけた後、今度はマーケティング分野に首を突っ込み、30で独立。
23年ほどプランニング会社の代表を務めた後、ライブバーの経営に手を染めて半年で挫折。就職活動の末入社した設計事務所勤務を5ヶ月でリタイヤし、現在事務所として使っていた自宅の地下を音楽スタジオとして運営中。

学生時代から始めたバンド活動が、なんやかやと続いていて、気が付けば音楽がいつも身近にあった、という感じかな。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。