FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人練習?

バンドのメンバーが全員は集まれないで、二人とか三人で練習というのを最近何度か見かけた、というかそういうリハをやっている人たちが来ていて、楽器の習熟とかグルーブの練習をしている。

楽器がまだ十分に身についていない人にとっては、すごく大事なことだ。特にドラムとかパーカッションは自分の部屋で練習できる環境を持っている人は滅多にいないわけだし。

そういう場合、何時間練習したから何かが出来たという風にならないわけで、気持ちと身体がもつ限りは、いつまででも練習していたいだろうと・・・・、

だから、スタジオの予約が空いている限りは、「気が済むまで練習して行っていいよ」とか、つい言ってしまう。

これって商売じゃないな?(W

こういう僕の性格を計算に入れて、短時間の予約をされてしまうと、全く成り立たない世界になってしまう。

今のところ、始めたばっかりだから・・・、というのもあるけど、自分のことを正確に判断すると、そういうわけではないんだろうな。

基本は最低必要な費用がまかなえれば良いというのがあるけど、今のところ全然ペイラインには乗っていないし、出来れば設備ももっとシッカリしたいわけだから、いくら儲かっても足りないぐらいなんで。

まぁ、予約が埋まってきたら、どっち道そんなこと言えなくなるんだから、それまでは自分の気持ちに正直に、

「好きなだけ練習していけば」

って言っておくしかないな。

、、、、、、、、、、、、

来月の予約が大分入って来た。

それでもスカスカなんだけど、もう一部でバッティングしている。一部屋しかないというのは、しんどいものだな。

前室を作って、二つに分けたら、今みたいな大きなミーティングテーブルを置くというのは無理でも、それでも12帖ぐらいはあるわけだから、そんなに狭いとも言えない。

でも、僕のイメージとしては、昔知り合いの広いプライベートスタジオで夜通し音を出した時の、クリエイティブなイメージがどうしても実現したいので、やっぱり今ぐらいのスペースは欲しいのだ。

これもやっぱり商売じゃないな??。

、、、
スポンサーサイト

テーマ : 音楽的ひとりごと - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

HYPO

Author:HYPO
HYPO(hypo)とは、

●hypo=チオ硫酸ナトリウムの通称
●hypoxia=酸素欠乏症
●hypocrite=偽善者
●hypo(他動詞)=1 ?に皮下注射 する 2 刺激 する 3 増強する
●hypo(接頭語)= 〔正常値より〕下の、異常に低い

※因みに・・・、
カバはhippopotamus

美大中退後、肉体労働を経て店舗プランニングの世界へ飛び込み、都銀のCIデザインなどを手がけた後、今度はマーケティング分野に首を突っ込み、30で独立。
23年ほどプランニング会社の代表を務めた後、ライブバーの経営に手を染めて半年で挫折。就職活動の末入社した設計事務所勤務を5ヶ月でリタイヤし、現在事務所として使っていた自宅の地下を音楽スタジオとして運営中。

学生時代から始めたバンド活動が、なんやかやと続いていて、気が付けば音楽がいつも身近にあった、という感じかな。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。