FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防音は吸音に通ず

もうだいぶ経ってしまったんだけど、8月にスタジオの防音工事をした。
天井に自作の防音パネルを全面取り付け。防音パネルとは、

12mmコンパネの両面に防音ゴムシートt5mmを接着剤で貼り、さらに鉄粉入りの防音シートt1.5mmで包んだもの。

70cm×90cmぐらいのサイズで、一枚当たり20kgを越す代物が出来てしまい、ずっと上を向いた作業を考えると、とても素人には不可能なさぎょうだと分かり、懇意にしている内装業者の手配でプロに工事してもらった。

プロの人でも作業時間の見積もりを間違えるくらい、なかなか難しい工事になり、結局3人×3日間。予定していた金額を大幅にオーバーして、何とか完了することが出来た。

完成後、最初に入ったバンドの音を上のフロアで聴いて、工事前よりは三分の一ぐらいの音量になったと感じてホッとしたのも束の間・・・、

しばらくすると、来店するバンドの音がどんどん大きくなって来るのに気付いた。

どうも防音工事の結果、天井の音の跳ね返りが激減して、自分たちが出している音が小さく聴こえるようなのだ。その結果、音の密度を上げようとして音量を上げてしまうらしい。

自分のバンドでも使ってみたが、今までより各パートの音がよく聴こえて、音選びの微妙なところが分かる。これは僕的には良いことだと思うのだけど、音圧を欲しがる人には物足りないのかな?

リハーサルというのは、本来アンサンブルを確認するためのものだから、バランスが取れていて、かつお互いの音が良く聴こえるのがベターだと思うのだけど・・・。

そんなこんなで、スタジオのドアを開けては、音量の調整をすることが多くなった。各プレーヤーの好みやバンドの指向性をヒヤリングしながらではあるけど、スタジオの特性を熟知した僕が調整した方が、演奏しやすい音になることが多い。結果としてもバンドのメンバーからは「演りやすくなった」という評価をいただいている。

でも・・・、

なるべくなら自由に音を出してもらいたという気持ちがあるので、忸怩たる思いもありつつ・・・。

まぁ、元々「爆音系」はNGって言ってるんで、そこは仕方が無いとも思う。

せっかく大金をはたいて防音をしたんだから、少しは他のフロアへの音漏れ音量が下がらないと情けない感じだしねW
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

HYPO

Author:HYPO
HYPO(hypo)とは、

●hypo=チオ硫酸ナトリウムの通称
●hypoxia=酸素欠乏症
●hypocrite=偽善者
●hypo(他動詞)=1 ?に皮下注射 する 2 刺激 する 3 増強する
●hypo(接頭語)= 〔正常値より〕下の、異常に低い

※因みに・・・、
カバはhippopotamus

美大中退後、肉体労働を経て店舗プランニングの世界へ飛び込み、都銀のCIデザインなどを手がけた後、今度はマーケティング分野に首を突っ込み、30で独立。
23年ほどプランニング会社の代表を務めた後、ライブバーの経営に手を染めて半年で挫折。就職活動の末入社した設計事務所勤務を5ヶ月でリタイヤし、現在事務所として使っていた自宅の地下を音楽スタジオとして運営中。

学生時代から始めたバンド活動が、なんやかやと続いていて、気が付けば音楽がいつも身近にあった、という感じかな。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。