FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レコーディングというのは

ちょっと前から、友人の彼女が作曲した曲のレコーディングに参加していた。内のスタジオでリハをやっていたので、最初は「良い曲だな」と思うだけで、参加する予定は無かったんだけど、どうも上手く行かないという話を聞いて、「オブリでもつけようか」と言ったのが始まり。

音源が送られて来たので、編曲を検討し始めて、その辺りから当初の予定では簡単に済ますつもりだったらしいのが、メンバーも倍に増えて本格的なレコーディングの様相になってしまった。

二度目のリハでピアノが飛び入り参加したこともあって、もう少し和音や絡みを調整してから本番録音に行きたかったんだけど、予算の枠を決めているとかで、急ぎの録音作業に突入してしまった。

自分が楽しみでやっていることなので、スタジオ代とかは気にしなくていいのに(まぁ、当初予定分だけいただいて、はみ出した分は僕持ちでもという感じだけど)、と言うんだけど、その辺は甘えたくないとのことだったので、仕方が無いので4時間ほどの中でDr、Ba、Gt×2、Perと、ヴォーカルの仮音ぐらいまで一気にレコーディング。

後日軽くミックスダウンしたデータをもらって聴いてみたら、僕の音がどうも前気味になっていて、気持ちが悪い。僕のツボのテンポより少しだけ遅いテンポだったみたい。

それから悪戦苦闘の三日間で、スタジオの空き時間を使ってひとりだけレコーディングし直し。

一日目はほとんど練習。テンポを身体に覚えさせるのと、ヴォーカルフレーズとバッキングのアルペジオその他の呼吸を合わせる。

二日目はバッキングの録音と、オブリ/ソロのフレーズ検討?仮録音。

三日目で、一旦クールダウンしてから、より十分条件の演奏を、と思ったんだけど、集中力が切れたのと、同じフレーズを弾き過ぎて陳腐になってしまったので、どうもイメージが湧かなくなってしまった。

仕方が無いからバッキングは二日目のを使うことにして、一旦頭を空にしようと飲みに出た。

ほろ酔い加減でスタジオに戻って、オブリ/ソロのパートを一回だけ録音。思ったとおり、今まででは一番まともな演奏になった。

イメージの新鮮さや雰囲気は一番最初にみんなで録音した時の方が良かったんだけど、まだ曲に慣れていなかったせいか、恐る恐る弾いている感じがあって、それを二日間スタディーした果ての最後のテイクを採用することにした。

バッキングに関しては、テンポをキープしようとすると、平板な音になってしまうし、オブリ/ソロに関しては、イメージが掴みきれずに弾いていたせいか、思ったよりもフレーズが出てこなかった。同じところを行ったり来たり。

でもまぁ、曲の雰囲気つくりという意味では良かったような気もする。

、、、

静かな曲だったということもあって、僅かなミスが致命傷になるから、かなりしんどかったな?。

レコーディングはホント難しい。


、、、
スポンサーサイト

テーマ : 音楽的ひとりごと - ジャンル : 音楽

プロフィール

HYPO

Author:HYPO
HYPO(hypo)とは、

●hypo=チオ硫酸ナトリウムの通称
●hypoxia=酸素欠乏症
●hypocrite=偽善者
●hypo(他動詞)=1 ?に皮下注射 する 2 刺激 する 3 増強する
●hypo(接頭語)= 〔正常値より〕下の、異常に低い

※因みに・・・、
カバはhippopotamus

美大中退後、肉体労働を経て店舗プランニングの世界へ飛び込み、都銀のCIデザインなどを手がけた後、今度はマーケティング分野に首を突っ込み、30で独立。
23年ほどプランニング会社の代表を務めた後、ライブバーの経営に手を染めて半年で挫折。就職活動の末入社した設計事務所勤務を5ヶ月でリタイヤし、現在事務所として使っていた自宅の地下を音楽スタジオとして運営中。

学生時代から始めたバンド活動が、なんやかやと続いていて、気が付けば音楽がいつも身近にあった、という感じかな。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。